1900年代初期イギリス アールデコ バターカップリング サーキュラーカットダイヤモンド

1900年代初期イギリス アールデコ バターカップリング サーキュラーカットダイヤモンド
¥ 73,000 ¥ 65,700
10%OFF

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥ 0

※¥ 10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

今から100年ほど昔の、イギリスのアンティークリングをご紹介します。

こちら18金とプラチナのコンビリングです。

1900年初頭、プラチナが指輪にポピュラーに使われ始めたので、エドワーディアン時代はこのようなコンビタイプのデザインが流行しました。


周囲がプラチナなので、ダイヤモンドがもう少し大きく見えるメリットもありますね。


当時お守りの意味を持って大変人気があった八芒星の星形シャトンに、8つの爪でしっかりと留められていて、ダイヤモンドが外れにくい構造です♪


ダイヤモンドは、ラウンドブリリアントカットになる前のサーキュラーカットダイヤモンドというカットで、ゴツゴツしたハンドカット面に光が当たると、独特の艶やかさと輝きを見せてくれます。

透明度の高い氷が溶けかけた部分に、朝陽が当たってキラキラするような、美しいきらめきです。


10倍のルーペで見ると、内部にインクルージョンが見られますが、肉眼で光を邪魔するようなものではありませんのでご安心ください。


時折、ギラギラした虹色の閃光が走り、当時のカット職人さんによって1番きらめきが強いところでカットされたんだろうなあと、しみじみ感じる美しさです。


ダイヤモンドの直径はおよそ2.8ミリ程度。


シャンクの作りはアールデコスタイルによくあるシンメトリーデザインで、非常にシンプルで華奢で、可愛いリングだと思います(*´꒳`*)

プラチナ両サイドのデザインが、まるで剣を掲げてダイヤモンドを空高く掲げているように見えます。

また、こちらの石座は2段越しという作りになっておりまして、正面(上)から見ると、2段目のシャトンがお花のような形をしています。

これは、当時人気のあったバターカップという石座で、上から見たデザインは
バターカップの上に8芒星、
その上にダイヤモンドがきてキラキラ輝いているので、とても珍しいデザインです✨


刻印
18CT&PLAT
28


古くて良いものを継承されたい方、
ずばりアンティークリングがお好きな方、
海外のアンティークリングがお好きな方、
ぜひお迎えお待ちしております♪


サイズは14.5号
± 3号のサイズ直しは無料で行います。必要な方は購入後備考欄にコメントください。(サイズ直し期間は1週間程度いただきます)
※大幅なサイズ直しは、有料となります。
直接お電話いただくか03-6458-5585(月〜金(11時半から18時))メールにてご連絡ください。



dr71

ショップの評価

RELATED ITEMS


イギリス1899年製アンティークリングK18 指輪 ダイヤモンド エメラルド

¥ 99,999

(昭和の懐かしいエメラルドの指輪)Japanese Traditional ring

¥ 99,999

【大特価‼️】イタリアンゴールドk18 リボンリング ピアスセット※

¥ 138,750