buckle ring made in japan 日本の技と美が詰まったヴィンテージバックルリング

buckle ring made in japan 日本の技と美が詰まったヴィンテージバックルリング
¥ 89,000 ¥ 80,100
10%OFF

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 宅急便コンパクト

    ヤマトが提供する配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥ 600

※¥ 10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

こちら、ベルトのバックルをデザインしたバックルリングです。

イギリスのヴィクトリア時代に大変人気のあるモチーフでした。
(こちらは日本の作品で、20~30年程前のものです)
ブランド刻印もありますがどこのブランドかはわかりませんでした。

【刻印】
K18
Pt900
0.26

【サイズ】
13号
±3号は無料でお直し致しますので、購入前にご相談頂くか、購入の際備考欄にご記載ください。

【ブランド刻印】
あり(鳥の刻印)

【重さ】
5.8g

フロント部分はおよそ1.3㎝あり、指腹部分も4mm程度あるしっかりとしたリングです。

メレダイヤはトータルで27pc。
パヴェセッティングで美しく留められております。

驚くのはその留め方で、隣同士のダイヤモンドを同じ爪で留める【共有爪】では無く、1pc1pc、4本爪で留められていて、職人さんがしっかりと造りこんだ跡を見ることが出来ます。

画像だと光ってしまって白っぽく濁って見えますが、ダイヤは透明度が高く、輝きの強い上質なメレダイヤなので、少し角度を変えるだけで光の渦が走って、キラキラと輝いてとっても綺麗です✨

パヴェセッティングのパヴェというのは敷き詰めるというフランス語で、敷詰められた石畳のような、という意味からきています。

留められた爪の他、突起物のような飾りの粒もあるので、そこにも光が反射して、全体的にキラキラ光って綺麗ですね。

K18部分にはミルグレインというツブツブのテクスチャーも作りこまれているので、とても手の込んだ作品だと思います。

~バックルリングの由来~
イギリスのビクトリア時代に流行したモチーフの一つ。
円は永遠の愛を象徴し、忠誠心、そして強さを表しています。
身に着けることで恋人への愛を表したり、愛する人の死後、故人との終わりのないつながりを象徴するためにバックルリングを着用していました。
バンドの途切れることのないサークルが、永遠に続く絆や、記憶を意味していました。
このロマンチックな象徴であるバックルリングはビクトリア女王によって普及しました。
今日では、世界中に時代を超越したロマンスのモチーフとして賞賛され、根強い人気があります。
※ヴィクトリア女王がバックルリングを身に着けたのは、ガーター勲章(青いベルト)への敬愛を込めた説や、アルバート公を失くした悲しみからモーニングリングを作った説など諸説あります


ヴィンテージ、アンティークのお品物が好きな方、
日本の匠による高品質ジュエリーに浪漫を感じる方、
デザインに魅了された方にお譲り出来たらうれしいです✨

お迎え、お待ちしております!

ショップの評価

RELATED ITEMS


(昭和の懐かしいブラックオパールの指輪)Japanese Traditional ring

¥ 99,999

【Japanese traditional ring】煌めきの流星群✨ダイヤモンド光のグラデーション✨

¥ 999,999

(昭和の懐かしいエメラルドの指輪)Japanese Traditional ring

¥ 99,999